TOP > 歯医者の選び方 > セカンドオピニオンについて

▼セカンドオピニオンとは

かかりつけの歯科医院以外で、治療方法や治療方針を相談できること

どの歯医者でも虫歯や歯周病などを治療する目的は同じです。しかし、それぞれの専門分野であったり、経験や技量により治療までの進め方は各歯科医師により異なります。治療を受けている自分自身が、他の歯科医師の考え方も聞いてみたいと思うようなことがある場合には、セカンドオピニオンを検討しても良いでしょう。

アメリカなどは日本に比べ、セカンドオピニオンは一般的に行われています。日本の歯科医師の先生方は患者のことを第一に考えており、信頼のおける先生ばかりです。常に同じ先生で治療される方は多いと思いますが、その判断が必ずしも正しいものとは言えないかもしれません。このような不安を解消するためにセカンドオピニオンを活用するのも良いでしょう。

▼こんなときにセカンドオピニオン

・勧められた治療方法の他に、選択肢はないのか
・勧められた治療方法を受けることに抵抗がある
・治療が難しいと判断されたが、他に手段はないのか
・カウンセリングで他の意見も聞いてみたい
・長い期間治療しているが、なかなか治療が終わらない

歯科医は根管治療専門医や歯周病専門医、口腔外科、矯正歯科などそれぞれの分野に精通した知識を持っています。今のかかりつけの先生よりも専門の先生を紹介してもらえる場合もあります。治療に対しての不安がある場合は、先生とよく話し合いましょう。

▼セカンドオピニオンの相談

セカンドオピニオンを希望することを担当医師に相談するのは、勇気のいることでしょう。
少し前までは担当の先生に遠慮してセカンドオピニオンを言い出せず、我慢して治療を受け続けているという人も少なくありませんでした。
しかし、現在はセカンドオピニオンがかなり普及し、当然のように受け止めてくれる先生が増えてきています。

セカンドオピニオンを希望する際は、現在の担当の先生にそのことを伝え、紹介状や検査のデータ(CTやパノラマ)を用意してもらう必要があります。
紹介状やデータがなくても相談を受けてくれる歯医医院も中にはありますが、これまでの治療の情報がないと正確な診断ができないため、一般的な意見しかもらえない可能性が高くなります。
セカンドオピニオンに適した歯医者を紹介してくれる場合もありますが、そうでない場合は自分で探さなければなりません。

セカンドオピニオンはあくまでも現在提案されている治療法が正しいものであるかを確認するための手段です。すでに終了した治療が適切であったかを判断したり、担当の先生の不満を相談したりするものではありません。

▼費用について

セカンドオピニオンは診療ではなく相談になりますので、保険診療の対象にはなりません。
基本的には自由診療になりますので、歯科医院ごとに金額は異なります。費用は無料のところもあれば、2万円前後のところもあります。金額差は相談時間や治療の種類により変わる場合があります。

無料相談を行う中には、新たな検査とその費用を求めるところもあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。