虫歯経験を指数で表すDMFTとは?|教えて歯医者さん

このエントリーをはてなブックマークに追加 良かったら「いいね!」

DMFTとは?

虫歯の状況を疫学的に表す指標のこと

DMFTのDMFは、虫歯の治療に関わったことのある歯を表したもので、DMFTは1人当たりの平均DMFを指します。1人平均DMF歯数とも呼ばれております。

DMFそれぞれの意味は、以下の通りです。

DMFTとは?

DMFTのTは、永久歯(permanent tooth)の略です。

歯科衛生士の仕事は、予防歯科を通して常にこのDMFTを下げることにあります。

DMFTは数値で表すことができるため、DMFT指数として仕事の指標としている歯科医院も少なくありません。

スポンサーリンク

DMFT指数計算式

DMFT指数の計算式は、以下の通りです。

DMFT指数計算式

下の表は厚生労働省の「平成28年 歯科疾患実態調査結果の概要」より5歳から15歳未満のDMFT指数です。

1人平均DMF歯数(DMFT指数)の年次推移(永久歯:5~15歳未満)
(%)
年齢 1993年 1999年 2005年 2011年 2016年
1歳 8.3 1.2 3.1 0.0 0.0
2歳 32.8 21.5 17.8 7.5 7.4
3歳 59.7 36.4 24.4 25.0 8.6
4歳 67.8 41.5 44.2 34.8 36.0
5歳 77.0 64.0 60.5 50.0 39.0
6歳 88.4 78.0 63.4 42.1 45.5
7歳 90.5 78.0 67.3 55.6 35.3
8歳 91.1 85.9 61.7 69.2 55.8
9歳 91.5 79.8 72.1 46.7 65.6
10歳 66.9 60.7 62.5 52.1 27.3
11歳 47.1 41.3 38.3 26.3 28.1
12歳 20.3 12.5 17.1 27.0 3.4
13歳 7.1 9.2 2.4 14.3 11.1
14歳 3.0 1.4 3.2 0.0 0.0

抜粋:厚生労働省の「平成28年 歯科疾患実態調査結果の概要」

昭和の時代では虫歯になってから治療と考えられておりましたが、時代の流れとともに治療から予防へと意識が変わってきたため、徐々にDMFT指数が下がっております。

DMFT指数を下げることが将来歯を残せることに

DMFT指数を下げることが将来歯を残せることに

12歳から18歳までは一般的にDMFTが増加する時期と言われております。

歯科衛生士が力を入れる予防歯科では、特にこの年齢を対象に正しいブラッシング方法の指導や、定期的な歯石除去などの管理を強化するところが多いようです。

また厚生労働省の調べによると50歳以上の国民は、10年間に平均で5~6本の歯を失っております。普段から定期的に歯科検診を行っている場合は、10年間で失う歯の本数は0.7本だと言います。

虫歯になってしまった歯は、詰め物をしたり削ったりするため、元に戻ることはありません。

常に虫歯をつくらない(DMFを0に近づける)ことが、将来自分の歯で過ごせることにつながると言えるでしょう。

スポンサーリンク

クリニカ フッ素メディカルコートは1日1回すすぐだけで、「有効成分フッ素」がすみずみまで行き渡り、歯にしっかり留まる事で再石灰化を促進。


【第3類医薬品】クリニカ フッ素メディカルコート 250mL ※セルフメディケーション税制対象商品
こんなページも読まれています
唾液検査で自分の口腔環境が、どの虫歯菌に侵されているのか、唾液…
口臭の原因には様々なものがあり…
検診は虫歯や歯周病などの特定の…
アンレーとは、歯冠の大部分を覆い被せ、修復する詰め物のことで…